留学とは、机上の試験とは違い、経験が将来の糧となる

留学とは、語学を学ぶだけではなく、異文化での体験を通じ、人間として、一回り大きくなれることです。
学校の試験のように、事前に指定されたページから問題を出され、それを記憶していくものとは大きく異なり、母国語以外で授業を理解し、又相手の国の文化や風習にも、従わなければなりません。


自分の意見を聞かれた時、「それは試験問題じゃなかったので、勉強していませんでした。

わかりません」では、通用しません。

自分の意見をしっかり持ち、それを発言する力も必要です。

留学とは、試験だけとは、全く違います。自分がそこでは、日本を代表しているんだというしっかりとした意思を持ち、発言しなくれはなりません。


それ故、留学前にしっかり日本の事を勉強していなかったり、自分の考えなどをしっかりと言えるという事が出来ていないと、とても後悔します。でも、帰ってきてから、その後悔をばねに、もっと自国について勉強したり、自分の意見を言えるように、自己啓発する人もくさんいます。

留学に関するお役立ちコンテンツ満載です。

誰もに共通するのは、留学を通して、語学の上達以上に、みにつくことが沢山あることです。



自分の意見を言えるように、自分で考え、又、違う国の人達の意見を聞くことで、もっと幅広い目で物事を捉えられるようにもなります。


全て守られていた環境から、自分だけで切り開いていく力が、間違いなくつきます。



留学とは、単に語学を学ぶだけではなく、そこで経験した辛いこと、悔しいこと、新しいこと、面白かったことが、必ず人生の糧となり、一回り大きくなった自分に会えることです。